シミやシワの原因とその改善方法は!?

ある朝、自分の顔をみるとシミが気になる…という方は多いでしょう。

シミを改善しようと高価なクリームを使用しても、なかなか効果が出ず、どこかで「年齢のせい」だと半ば諦めてしまっている方も多いと思います。

しかし、放っておくとシミが濃くなったり増えたりする可能性もあるため、早期にケアをしていくことが大切です。

実はシミと一言で言ってもいくつかの種類のシミがあるため、改善方法は違ってきます

私もかつてはたくさんのシミに困っていました。

しかし、自分のシミの原因や種類を特定し、正しいスキンケアをすることでシミを解消することができました。

そこで、自分のシミのタイプやシミに効果的な成分を知って、より効率的にシミを解消する方法をチェックしていきましょう。

シミができる4大原因とは?

シミができてしまう4大原因があります。

●紫外線を毎日浴びる
●ホルモンのアンバランス
●精神的なストレスによるシミ
●皮膚炎の治療後

です。

では、もう少し詳しく見ていきましょう!

紫外線を毎日浴びる

シミの元となるメラニンは、皮膚自身がもっている紫外線防御機能の1つとして、メラノサイト(色素細胞)によってつくられます。

たくさんの紫外線を浴びて炎症を起こしたり、毎日紫外線を浴び続けると、恒常的にメラノサイトが刺激され続け、メラニンが作られ続けることになります。

まず何より大切なことは、無防備に紫外線を浴びないようにすることなので意識しましょう。
日常の紫外線対策をしっかり行いましょう。

ホルモンのアンバランス

妊娠・出産、生理不順、更年期障害、さらにピル(経口避妊薬)の服用などで、ホルモン、特に女性ホルモンの分泌バランスに、狂いが生じ、それが原因でシミにつながることがあります。

しっかりと自分のホルモンバランスを考慮することが大切です。

精神的なストレスによるシミ

メンタル面での悩みが大きく、過度なストレスが脳に加わり、それが継続すると、だんだんシミが現れてきます。

個人差やストレスの種類にもよりますが、過度なストレスを受けるようなことがあって2~3カ月後にシミができることが多いです。。

皮膚炎の治療後

これはを伴ったカブレのあとにできてしまうシミです。

中には聞いたことがある人もいると思いますが、「ベルロック皮膚炎」というのは、オーデコロンや香水を直接皮膚につけて日光に当たると、塗ったとおりにシミができる症状を指します。

原因として考えられるのは、これらの芳香化粧品などに使用されているベルガモット精油などに混在している蛍光性物質です。

これが引き金とrなり、さらに、そこへ紫外線の刺激が上乗せされ働いたと考えられます。
香水やオーデコロンは、直射日光が当たらない場所か、衣服や下着などに、染みにならないよう注意して、ほのかに香りを感じるくらいにつけるのがよいでう。

ピーリングと美白化粧品を併用して治そう

ターンオーバーを整えるピーリングと、美白化粧品でのケアをあわせて行うとシミの改善効果が期待できます。

最近では、肌にやさしい処方で手軽に使えるセルフケア用のピーリング剤もたくさんありますが、スクラブ入りの洗顔料などは刺激でシミなどを悪化させる可能性もあるため、注意するようにして下さい。

また、美白成分が配合された化粧品は数多く販売されていますが、私がおすすめするのはBIHAKUという美容液です。

BIHAKUには「フラーレン」というシミやシワを改善するだけでなく、肌の老化も抑制する成分が入っているため、おすすめです。

ぜひ気になる方は、BIHAKUの口コミなど見てみてください!

本当に肌に良い美容液だと私は思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加